Legit

Welcome aboard!!

2018年 火星 宇宙船計画 企業ビジョンは大気圏を越える

2016/08/27

アメリカの宇宙企業「スペースX社」が

2018年に火星に向けて

無人宇宙船を打ち上げる計画を発表。

民間企業としては初めての試みとの事。

sponsored link

民間宇宙船と映画

space-x

同社は今月初めにロケット試験を洋上にて実施。

成功させており、米航空宇宙局「NASA」も協力する方針との事。

年内にも大型ロケットの打ち上げ試験を行う予定で

有人火星探査に向けてプロジェクト加速が期待されているとの事で、、!

民間企業で宇宙船!映画の世界が現実になりつつありますね。

宇宙を題材とした映画が好きで

色々観た作品の中にもディティールは異なりますが

民間企業がキーポイントだったりというのがありました。

民間宇宙事業に感じるビジネスチャンス

spacex-falcon-9-rocket-cape-canaveral-air-force-station-photo-credit-spacex-posted-on-americaspace

ここで妄想、、

もし自分が宇宙船の外装担当を任せられたらですよ?

摩擦係数をはじめとしたミクロマクロな

ストイックな要素を抜きにしてですよ?

自分なら絶対に色んなロゴを入れたい!

「リ○イン」!「カップ○ードル」etc

もし着陸時のタラップ担当だったら、、

もし着陸時のパラシュート担当だったら、、

もし搭乗座席及び固定ベルト担当だったら、、

きっと生まれ変わった様に

仕事を取ってくる事でしょう(笑)。

夢ある仕事・夢ある会社

dream-meaning
こういったメモリアルな事業に

民間企業が関われる様になっていくのは

素晴らしい事だと個人的に思います。

経済効果はもちろんですが

何より夢やビジョンが鮮明である事。

本来は事業や内容の大小に左右されてはいけないのでしょうが、、、

( 企業ビジョンの面白ネタはコチラ )


フレッシュな新入社員が芽吹くこの時節

「会社の夢って何だっけ?」と

ならないように気をつけようと思います!!

sponsored link



-ニュース